【12月定例会 本会議第6日】

さいたま市議会12月定例会本会議6日目は、市政に対する一般質問の最終日です。私たちの会派からは高野秀樹(岩槻区)が登壇しました。

高野議員は、岩槻区加倉北及び加倉南交差点の道路の改修工事や東岩槻地区、慈恩寺地区の水害対策について指摘し、西原小中学校の義務教育学校化の現状と今後について質しました。

質問に対する答弁については、後日さいたま市議会会議録検索システムよりご覧ください。

議員提出議案5号「さいたま市議会議員定数及び各選挙区選出議員数に関する条例の一部を改正する条例の制定について」が上程され、賛成多数で可決成立しました。来春4月に予定されている統一地方選挙では議員定数60人のうち、桜区が1減、緑区が1増となります。

本会議開会中のオンライン配信は、インターネット議会中継>生中継からご覧ください。録画の視聴の場合は、後日インターネット議会中継>録画配信にアップされます。

通告内容等はさいたま市議会資料検索システムよりご覧いただけます。

なお、今定例会の一般質問Q&A(抜粋)は年明け発行予定の「民主改革さいたま市議団市議会レポートvol.15」でもご報告させていただきますので、是非ご一読ください。

明日は調査日。12/9(金)からは各常任委員会に付託された議案・請願の審査を行います。

TOP
TOP