【第16回マニフェスト大賞 エリア選抜に認定されました】

民主改革さいたま市議団は、基本政策「市民と共に明日を創る」を会派政策の柱とし、17人の所属議員が議会質問や政策提案を行っています。

任期4年の中間時点では基本政策に基づく会派活動の達成度報告会を行い、2年間の活動を振り返るとともに、市民の皆さまからのご意見やご提案をいただく機会を設け、残りの任期での活動がより充実したものになるよう目指しています。

今年4月25日におこなった「基本政策『市民と共に明日を創る』中間報告会」は、対面開催の厳しいコロナ禍であったことから、オンラインでの開催となりました。しかしながら、これまでの会場開催と同様、一方通行的な活動報告で終わるのではなく、参加者との双方向型のやりとりや対話を主眼に置きました。
こうした「市民とともに歩む」姿勢で議会活動を進めていることに対して評価をいただき、このたび政策コンテスト「マニフェスト大賞2021」において第16回マニフェスト大賞エリア選抜<関東エリア>に認定されました。

http://www.local-manifesto.jp/manifestoaward/

2011年に第6回マニフェスト大賞地方議会部門で最優秀賞をいただいてから10年を経て、今後さらに市民の皆さまのご期待に応えられるよう努力し、活動してまいります。
ご意見やご提案がありましたら、皆さまのお近くの所属議員までお寄せください。

活動報告・カテゴリー

TOP
TOP