さいたま市「高齢者」接種状況

さいたま市「高齢者」接種状況

さいたま市では、 ワクチン接種の状況等を市民の皆さんに分かりやすく情報提供するため「ワクチンメーター」を公開しています。

折れ線グラフは6月15日から1カ月間の接種者数の推移です。ここまで右肩上がりに増えています。65歳以上の高齢者では、2回接種を完了される方は最終的に8割を超えていくことになるでしょう。
医師、看護師、薬剤師、市職員ほか関係者のみなさんのご尽力に感謝申し上げます。



5月17日に接種開始以来、6月15日には、対象高齢者32万6千569名のうち9万7千183名が完了しました。割合(接種率)は29.8%です。



予約システムの混乱はありましたが、7月16日には、2万5千679人の方が1回目の接種を終えています。割合にして、76.8%です。



6月15日には、2回目接種の完了者は、5千612人のみで割合では1.7%でした。個別接種会場だけではなく、集団接種会場、民間施設会場、特設接種会場など多様な会場を展開することによって、接種ペースを上げ、維持することができるようになりました。


7月16日の2回目接種完了者は、14万1221人まで増えました。その結果、43.2%です。7月10日の時点で1回目が7割を超えていたこともあり、7月末には希望者の割合とした7割を超えることができます。

 引き続き、接種体制の強化や確実な接種に向け、民主改革さいたま市議団では取り組みを進めてまいります。ご意見・ご要望をお聞かせください。

ここでは高齢者に限定させていただきましたが、12歳以上の全て世帯の接種率も公開されるようになりました。

活動報告・カテゴリー

TOP
TOP